三重県気候変動適応センター

MENU

センターの概要

三重県気候変動適応センターについて

一般財団法人三重県環境保全事業団は、三重県からの要請を受け、三重県における気候変動影響への適応を推進するため、2019年4月1日に三重県気候変動適応センターを開設しました。

主な業務

  • 気候変動影響及び気候変動適応に関する情報の収集、整理及び分析
  • 国立環境研究所、県内研究機関との連携による県内の気候変動影響予測
  • ウェブサイト等による情報発信、普及啓発

2020年度の主な取組

気候変動情報の収集

身の回りに起こっている気候変動影響に関する情報を収集します。

分野 対象者
農林水産業 農林水産業従事者、関係研究機関など
自然環境 環境保全に取り組む教育機関、自然保護団体など
健康 小中学校など
自然災害 地域の自主防災関係者、関係機関など
気候変動適応に関する情報発信
1ウェブサイトの
運営
  • 気候変動の現状と将来予測
  • 気候変動影響の現状と将来予測
  • 気候変動影響への対策(適応策)
2普及啓発
  • 出前講座
  • イベント出展(三重県地球温暖化防止活動推進センターと連携して実施)
気候変動情報の共有

県内の関係団体・関係者と連携し、気候変動影響の現状、影響予測、適応策を共有することで、さらなる適応の取組を推進します。

TOP